民謡の歴史と文化
民謡の歴史と文化のトップ基礎知識|全国民謡マップ

全国民謡マップ
全国マップへ



栃木
日光和楽踊り 大正2年の夏、日光にみえていた天皇・皇后陛下に御覧頂くため、足尾の精銅所の従業員が、この地方に伝わる盆踊りを”日光和楽踊”と呼んでお見せしたのが始まりである。栃木県の代表的な唄として歌詞も整い、広く唄われている。

茨城
磯節 那珂湊に所属する祝町遊廓のお座敷唄として唄われていたのが、たまたま大洗が海水浴場として開けたので東京人が多く訪れるようになり、安中という盲人がこの唄をよくし、横綱常陸山広く紹介したものといわれる。

群馬
八木節 栃木、群馬、埼玉3県の境が寄り合ったあたりで唄われる盆踊唄である。かつては、馬子たちが宿場での休憩時に空だるの蓋を叩いて唄ったと言われている。

埼玉
秩父音頭 別名「秩父豊年踊」とも呼んでいる。この唄の発祥は秩父郡皆野町(荒川上流)であったが、その後歌詞を募集し、今の秩父音頭になった。唄と共にその踊りも昭和初年頃からしっかり定着した。“日光和楽踊り”、“相馬盆唄”と共に代表的な盆踊唄として、全国にその名を知られるようになった。

千葉
銚子大漁節 数え唄形式の大漁節が生まれたのは、元治元年の春である。その年鰯が大漁で銚子港は足の踏み場も無い程鰯で埋まった。その大漁を祝うために歌詞を作り作曲してお祭りをしたのが始まりである。

東京
大島節 伊豆大島の代表的民謡。東京から110キロの太平洋上にある島の人達が、茶を作る時や茶摘の時に口ずさんでいたり、祭りの時に唄ったものである。大島の三原山が観光地として脚光を浴びるようになり、島の観光用の唄となった。

神奈川

箱根馬子唄 箱根街道筋の馬子の道中唄で、「箱根八里は」の歌詞で有名である。「箱根御番所に荒井がなけりゃ」の荒井とは浜名湖のそばにあった関所で、「今切の渡」ともいっていた。

北海道・東北 中部 ●関東
近畿 中国・四国 九州・沖縄
このページのはじめへ