民謡の歴史と文化
民謡の歴史と文化のトップ基礎知識|全国民謡マップ

全国民謡マップ
全国マップへ



新潟
佐渡おけさ ”佐渡おけさ”という呼称は、1924年(大正13年)からである。九州の「ハイヤ節」が北上し、佐渡で大きく開花し、現在日本国中知らないものはいない。佐渡の相川町地方に唄われた「相川おけさ」が、佐渡の”正調おけさ”として一般に普及した。

山梨
武田節 この唄は新民謡であり、歌詞の2番に続いて、詩吟の部分が挿入されて歌舞を盛り上げている。

長野
木曽節 御嶽山信仰から発生した。御嶽山登山口にある福島町で、登山やハイキングに訪れる人を対象に盆踊り大会を催し、全国的に知られるようになった。”御嶽山”という唄の節をそのまま唄いついできたものである 。

富山
こきりこ節 富山県五箇山地方に伝わる神楽踊である。”こきりこ”とは23.3センチの乾燥した細竹で、これを打ってミハルスかカスタネットのような音を発して、拍子をとる手製楽器である。

石川
山中節 北陸の名湯と言われる山中温泉で唄われている唄である。この地方にあった盆踊甚句形体の7・7・7・5調の3句目以下を繰り返すテンポの早い節回しの簡単なものであったが、元禄の頃から哀調を帯びた力まない伸びやかな唄になった。

福井
三国節 三国神社を建立する際、地元の住職が地固めの人足音頭として作ったものである。三国港を中心に船人達に伝承され流行して行ったものの思われる。

静岡
ちゃっきり節 昭和2年静岡鉄道が宣伝用に作った唄である。”蛙が啼くんで雨づらよ”と方言を取り入れ、郷土色を盛り上げている。”チャッキリ”は茶の芽を切るという意味ではなく、鉄バサミの音の擬音である。

愛知
岡崎五万石 三河岡崎は、徳川家康生誕の地として格別注目され、江戸時代、岡崎は代々譜代の大名が藩主となった。五万石というと大名としては小藩であるが、格式高く、城下は常に繁栄した。曲調は”ヨイコノサンセ”という木遣り唄を応用したという説と、矢作川の船頭の船唄がその原調だと言う説がある。

岐阜
郡上節 この唄は、盆踊唄であり、郡上踊り、郡上音頭ともいわれ、代々の郡上城主が民心融和の為に奨励したものが始まりと伝えられている。一節には「伊勢音頭」の変化したもの、また飛騨の「臼引き唄」がその原形だといった説がある。

北海道・東北 ●中部 関東
近畿 中国・四国 九州・沖縄
このページのはじめへ